1. TOP
  2. 出会いの達人
  3. かわいい彼女がほしい!36歳で恋愛経験のないKさんが芸能人級の彼女を作った秘訣

かわいい彼女がほしい!36歳で恋愛経験のないKさんが芸能人級の彼女を作った秘訣

こんにちは、伊佐木大介です。

僕は恋愛コンサルタントとして恋愛に悩んでいる男性に彼女を作れる方法を教えています。

僕のクライアントの悩みは様々で、

 

  • 付き合ってもいつも3ヶ月でフラれてしまう。どうすれば長期間付き合えるのか
  • 妥協すれば彼女はできるけど、本当に好きだと思う女性にはフラれてしまう
  • 彼女がいたことがない。彼女が欲しくてたまらない

 

と、抱えている悩みは人それぞれですが、彼らに

「一番こうなりたいという理想は何ですか?」

と聞くと、みんな決まって

「めちゃくちゃかわいい女性と付き合いたい」

と言います。

 

その気持ちは僕もわかる・・・というか、ほとんどの男性が同じことを思います(笑)

やっぱり、芸能人クラスというか、石原さとみさんや土屋太鳳さん、橋本環奈さんみたいなマジでかわいい女性と付き合ってみたい・・・という気持ちは誰でも持っているはず。

 

それじゃあ、その目標に向かって一緒に頑張りましょう。

と言って僕とクライアントの二人三脚での恋愛コンサルがいつもスタートします。

 

今まで何十人と恋愛コンサルをしてきましたが、その中でも格別に記憶に残っているクライアントにKさんという方がいて。

その方は、

  • 36歳で恋愛経験なし
  • 身長は164cm、体重は84kg、体脂肪率31%
  • 仕事はスーパーの店員で年収は手取りで250万円

と、強烈な特徴の持ち主です。。。

 

このブログは本人の許可をもらって書いていますが、正直に言うとかなり難しい条件です。

よく、「チビでもモテる」とか「デブでもモテる」とか「ブサイクでもモテる」とか「年収が低くてもモテる」とか言いますけど・・・。

チビで、デブで、ブサイクで、年収も低くて、全ての悪条件を兼ね備えてもモテる人は、僕は見たことがありません。

 

そんなワケなので、僕は彼から恋愛コンサルを申し込まれた時に断ろうと思ったのですが、

「どうしてもモテたいんです・・・かわいい彼女がほしいんです!」

というものすごい熱意に負けてしまい、申し込みを受け入れることにしました。

 

そして、結論から言うと、

Kさんはかわいい彼女ができました。

 

女性の年齢は24歳で、丸ノ内のオフィスビルで受付をしている清楚な感じのする女性です。

最初、彼に「彼女ができたんですよー」と写真を見せてもらった時は、

「お金払ったんですか?」

と真顔で聞いたのですが、全然そんなことはなくて、むしろデートはいつも割り勘だそうです。

 

今回は、僕がKさんにかわいい彼女を作るまでの努力とその秘訣をインタビューしてきました。

その内容を公開するので、ぜひ彼の活動を参考にしてあなたもかわいい彼女を作ってもらえたらと思います。

 

かわいい彼女ってどんな感じ?

伊佐木大介
じゃ、Kさん、始めて行きますね。よろしくお願いします。
Kさん
はい、よろしくお願いします。
伊佐木大介
じゃあ、とりあえず自己紹介からお願いします。ベタな合コンっぽいですけど(笑)
Kさん
Kと言います、今36歳でスーパーの店員をやっています。これ、伊佐木さんからよく言われていたことなんですけど、身長が低くて太っているし年収も低いしで、モテない3重苦の男です(笑)
伊佐木大介
かろうじてハゲてはいない。
Kさん
そうなんです、そこだけが唯一の救いだったなと(笑)
伊佐木大介
でも、今「モテない男」って言ってましたけど、今ではかわいい彼女ができたっていう。
Kさん
そうですね、めちゃくちゃかわいいです。
伊佐木大介
すごいドヤ顔ですね(笑)今もモテないんですか?
Kさん
うーん、まあモテるっていうのが女の子からチヤホヤされるっていうことだと思うんですけど、その意味ではモテないですね。チヤホヤされるような感じではないんで(笑)けど、彼女ができるとか、いろんな女の子を口説けるっていう意味ではけっこう変わってきたと思います。
伊佐木大介
へー、今の恋愛事情ってどんな感じなんですか?
Kさん
今はさっき言ったようにかわいい彼女がいますね。他には、一応、浮気相手というか、セフレみたいな人が1人いて、他には普通の遊び相手の女友達が何人かいる状態です。
伊佐木大介
その女友達の子とはセックスしたりとか男女関係ではないの?
Kさん
ありますね(笑)
伊佐木大介
セフレじゃねーか(笑)
Kさん
いやいや、そういう感じじゃないんですよね。成り行きでそうなっちゃったっていうか。セフレはもう会ったら飯食ってセックスしてっていう感じなんですけど、その女友達は流れでセックスすることはあってもそんな会ったら必ずセックスみたいな感じではないんで。
伊佐木大介
へー、いいお友達だけど、たまに男と女の仲になるみたいな感じなんですね。Kさん、めちゃくちゃモテるじゃないですか。
Kさん
そうですね、ほんと、この1〜2年でずいぶん変わりました。
伊佐木大介
今、いちばん気に入っている子とか将来を考えている子とかはいるんですか?
Kさん
そりゃもう、彼女ですよ。
伊佐木大介
写真見せてもらいましたけど、Kさんの彼女、めちゃくちゃかわいいですもんね。ちなみに、このブログで写真を載せるっていうのは・・・
Kさん
ダメです(笑)
伊佐木大介
ですよね(笑)でもかわいいですよね、普通に芸能人にもいそうな感じの。
Kさん
そうですねー、普通にモテるみたいですね。今、彼女は大学生なんですけど、サークルとか同じ学部の奴から狙われているみたいですね。
伊佐木大介
ずっと念願だったかわいい彼女ですね。そういう子と付き合ってみて、何かいいことってあります?他の子にはない特典みたいな。
Kさん
やっぱり、街を歩いていると優越感ですよね。「どうだ!俺の彼女かわいいだろ!」みたいな(笑)あとは、女の子にビビらなくなりましたね。かわいい子が合コンとかにいても、「俺の彼女の方がかわいいし」って思ったり。彼女もかわいい子だからって顔以外は普通の子なので、「こんなもんかー」と思うので、他のかわいい子も「顔だけで別に同じ人間だしなー」と思うから、別に緊張しないなと。
伊佐木大介
ああ、そういうのってありますよね。僕の恋愛コンサルを受けているクライアントに、「ペアーズで会った女の子が美人で緊張して、何も話せなかった」と言っていたんですけど、僕がそういう人にどれだけ「美人だって同じ人間だから、何もかわらない」って言っても、何も変わらないままでまた美人と会うと緊張しちゃうんですよ。それって、Kさんが言っている「かわいい子も変わらない」っていうことを頭でわかっても感覚的に理解できないから、いつまでも美人に緊張しちゃうっていう。モテる人はさらにモテるようになるって、Kさんが言っていることが関係しているんだと思うんですよね

Kさんはどこで女性と出会ったの?社会人の出会い方について

伊佐木大介
それで、Kさんはそんなかわいい子とどこで出会ったんですか?
Kさん
withで出会いました。
伊佐木大介
へー、めちゃめちゃ人気会員だったんじゃないですか?
Kさん
それが、そうでもなかったんですよ。意外と89いいねとかで全然人気がない感じで。写真写りが悪いというか、遠くから写ってる写真が1枚で顔がよくわからなかったっていうのもあるんじゃないかと思うんですけど。
伊佐木大介
あー、そういうことってありますよね。僕も、今までけっこうな人数の女の子とマッチングアプリで会いましたけど、一番かわいかったのはそんなにいいねが多くなくて、200くらいだったと思います。いいねの数が多くなくても、かわいい子っていますよね。
Kさん
そうですよねー。それと、年齢が上の人だと違うんですけど、若い子だったら顔写真を載せていない子はかわいい子がいる気がしますね。もちろん、顔写真をしっかり載せていていいねをたくさんもらっている子もかわいいんですけど。中には「写真と違うよね?」っていう子もいますね。めっちゃ盛ってるみたいな(笑)
伊佐木大介
写真で顔がわかるとか言っても、会ってみないとわからないですよね。
Kさん
あー、まさにその通りですね。
伊佐木大介
僕の恋愛相談を受けている人やセミナーに参加している人でも、損をしている人は多いですね。僕が「この子ってかわいい可能性あるよな」と思うような子でも、顔がわからないから会おうとしない人は多い。そこは冒険してみたら、意外と掘り出し物がある場合もあるんだけど・・・。会ってみたらかわいくなかったってリスクがあるから、会おうとしない人が多いんですよね。実際、そんなのリスクでもなんでもないんですけど。
Kさん
無駄足を踏むのが嫌なんですよね。僕も伊佐木さんに言われるまではそう思っていましたけど、たしかに無駄足を踏んだとしても僕に何か損失があるわけじゃないから、リスクでもなんでもないんですよね。
伊佐木大介
そうそう。何もリスクはない。けど、実際会ってみたら「めっちゃかわいいじゃん!」っていう場合があるわけじゃないですか。じゃあ、会ってみたらいいんですよね。Kさんがかわいい子と会えたのも、フットワークの軽さが大きな理由じゃないかと思うんですよ。
Kさん
たしかに、誘われたら基本的には断らずに参加するようにしていますね。
伊佐木大介
でしょ?前に僕が「相席バー行ってみますか」って誘ったらKさんが「行きます!」って二つ返事だったじゃないですか。あれ、渋る人も多いんですよ。「お金が・・・」とか「時間が・・・」とかいろいろな言い訳をして。僕も断られたら凹むので(笑)、一回断られたら次からは誘いにくいし、そうやってチャンスをつぶしていってしまうんですよね。だから、かわいい子と会えないんじゃないかと。
Kさん
なるほど。。。僕も伊佐木さんのコンサルを受ける前は、何か誘われても断っていましたね。フットワークが重かった頃は、たしかに女の子との出会いも少なかったように思います。
伊佐木大介
まあ、社会人になると、出かけるのが億劫っていうのもわかるんですけどね。だけど、それが原因で出会いが少なくなっちゃっているのも事実なので。社会人の出会い方は、マッチングアプリでも合コンでもナンパでも社会人サークルでも、いろいろ方法はあるんですけど、フットワークの軽さが一番の秘訣なんじゃないかと思いますよ。
Kさん
そうですよねー、僕の友達ってモテない男って多いんですけど、やっぱりみんなフットワークが重いような感じがします。逆に、僕は彼らと比べるとフットワークが軽いかなって。
伊佐木大介
そうなんですよ。それで、社会人がかわいい彼女が欲しいと思ったら、まずはフットワークを軽くするってことが大前提なんですけど。その上で、Kさんのようにかわいい彼女を作ろうと思ったら、どうやって出会えばいいと思います?
Kさん
まずは、やっぱりマッチングアプリですよね。これを使わない手はないですよ。
伊佐木大介
うんうん、なるほど。その理由は?
Kさん
登録している女の子が桁違いですからね。めちゃくちゃ多くの子にアプローチできる。しかも、あしあとツールを使って自動でやれば何もしないで勝手にいいねを押してくれたりもしますから。僕はwithをよく使っていますけど、ペアーズ・ゼクシィ恋結び・タップル誕生・Omiai・withの5つ、どれかを使ってみたらいいんじゃないかと思いますよ。
伊佐木大介
たしかに、そういうアプリを使って出会えないというのはおかしいですよね。もし出会えないとしたら、プロフィールが悪いということなので、僕のセミナーか何かに来てくれっていう(笑)
Kさん
たしかに(笑)まあ、でも、ぶっちゃけちゃいますけど、セミナーで話すことって伊佐木さんのブログで書いてあることと被ってますよね?
伊佐木大介
そうですねー・・・僕のブログはかなり出し切ることを意識しているので、もちろん抽象具体のレベルはコントロールしていますけど、ブログに書いてあることでもかなりいい感じのことは言っていますね。他のブログとかサイトより圧倒的にいいことを書こうと意識しているので。けどなぜか人気ないっていう(笑)
Kさん
へー、人気ないんですか?
伊佐木大介
そうなんですよ、なんでだろ?って考えてみると、こういうノウハウよりも実践記というか、「こんな女と会ったぜ!ヤっちゃったぜ!」みたいな話の方が人気は出るっぽいんですよね。僕もそういうサイトの方が楽しく読めるし(笑)なので、今後はそういうのも書く必要あるのかなーと。。。って、かなり脱線しましたね(笑)Kさんの話に戻すんですけど、Kさんは女性と会う方法はマッチングアプリ以外にもあるんですか?
Kさん
今はありますよ。インスタグラムとかツイッターとかも出会えますし、最近はナンパも始めたのでそっちでも出会いがあります。で、アプリとかネットとかナンパで出会った子と合コンして・・・っていう流れもありますし。今は手広くやっている感じですねー。
伊佐木大介
へー、すごいですね。めっちゃ精力的に動いてる(笑)前からそんなに精力的でしたっけ?
Kさん
いやいや、本当にここ最近です。前はマッチングアプリ一本でしたから。あまり出会いがないとか、恋愛に不慣れであればマッチングアプリ1本に絞ってやってみた方が結果が出やすいと思いますよ。僕もそうでしたし。
伊佐木大介
なるほど、じゃあ社会人におすすめの出会い方と言ったらマッチングアプリになりそうですね。

彼女ができるまで、30人くらいにフラれまくった

伊佐木大介
それで、Kさんは恋愛活動を始めてから、すんなりと彼女ができるようになったんですか?
Kさん
いやー・・・それが全然でした(苦笑)そもそも、僕が伊佐木さんの恋愛コンサルを受けたきっかけは、全くモテなかったことでしたから、相当苦労しましたよ。
伊佐木大介
どのくらい苦労したんですか?
Kさん
マッチングアプリで会う女性に片っ端からフラれてきましたから。1回デートしたらほぼ確実に音信不通になるっていう。30連敗くらいしたかなぁ(笑)
伊佐木大介
それはなかなかのフラれっぷりですね(笑)どうしてそんなに失敗したんですか?
Kさん
んー、ひとつは我流に走ったっていうのが大きな要因だったと思いますね。僕は、伊佐木さんのコンサルを受けましたけど、自分ではそれなりにモテると思っていたんですよ。実際には36歳で恋愛経験がなかったんですけどね。
伊佐木大介
プライド高かったですよねぇ。絶対に童貞だって認めないっていう。僕が「素人童貞ですよね?」って言うと、それも違うって言ってましたよね。
Kさん
今だから言えますけど、僕は36歳になるまで恋愛経験がなかったし、セックスした経験もソープか援交かのどっちかでした。ソープはプロだけど、援交は素人だから、素人童貞じゃないと本気で思っていましたけど・・・素人童貞ですよね(笑)
伊佐木大介
素人童貞ですね(笑)けど、そんなにプライドが高いのに、僕の恋愛コンサルってなんで申し込んだんですか?そんなにプライドが高かったら、自分でやるってなりそうですけど。
Kさん
んー、その時は援助していた女の子と連絡が取れなくなって凹んでいた時だったんですよね。お金のやり取りはあったけど、僕はその子から特別な好意を持たれていたと思っていたのに、音信不通になってしまって、その時に「俺って全然モテないんだ」と自覚して、変わりたいと思っていたんです。だから、伊佐木さんのコンサルに申し込みました。
伊佐木大介
なるほど、自分はモテないっていう自覚はあったんですね。
Kさん
いや、モテないっていう自覚はなかったんですよ。むしろモテるって思っていました(笑)現実が見えてなかったんだと思います。
伊佐木大介
なかなか複雑な心境ですねー。だから、最初は僕の言うことをあまり聞かなかったんですね。
Kさん
そうですね。「あんたの言うことを聞かなくっても、俺はモテる方法くらいわかってるよ」って思ってました。
伊佐木大介
なんでコンサル受けたんだ(笑)
Kさん
その辺が複雑なんですよねー。
伊佐木大介
なるほど(笑)それで、どのくらいから僕の言うことを聞こうと思ったんですか?
Kさん
アプリで30連敗してからです。「俺はこんなにモテないんだ」って自覚して、初めて伊佐木さんの言うことを素直に聞こうと思いました。
伊佐木大介
そういう人って多いのかもしれませんね。Kさんの他にも、そういう方って多いですよ。あまり結果が出ていないのに、鼻っ柱が強くて「こう見えても俺はモテますよ」みたいな雰囲気の人。で、そういう人ってあまり多くの人に会いたがらないんです。失敗して自分の実力がわかるのが嫌だからなのか、理由は人それぞれなんですけど。
Kさん
僕はその点、運が良かったと思います。伊佐木さんに撮ってもらった写真と作ってもらった自己紹介文のおかげで、すぐに出会いが量産できましたから、次々と女性に会っていく中で変なプライドが削られて自分がモテないと気づけましたから。
伊佐木大介
そうですねー、Kさんがかわいい彼女ができたのって、その行動力のおかげかもしれませんね。やっぱり、フットワークの軽さって大事なんですよ。

どうしてKさんは彼女ができるようになったのか?その秘訣は○○

伊佐木大介
Kさんは30連敗するくらいなんで、けっこう恋愛が下手だったんだと思うんですよ。けど、今はかわいい彼女がいるじゃないですか。どうしてKさんは彼女ができるようになったんですか?
Kさん
伊佐木さんのおかげですよ。
伊佐木大介
あー、まあまあ。自分なりに一番気をつけていることってないんですか?
Kさん
そうですねー・・・女性の気持ちに寄り添って動くっていうのをめちゃくちゃ大事にしていますね。マッチングアプリだと、女性は知らない男と会うわけじゃないですか。いくらアプリでやりとしていると言っても、知らない男だから警戒していると思うんですよね。
伊佐木大介
知らない男だからちょっと怖いし、初対面だから緊張もするし。
Kさん
その警戒心を解くために、自分がどう振る舞うかって大事だと思うんですよね。そんな感じで、女性の気持ちに寄り添って動くっていうのが大事だと思うし、僕はそれを気にしていますね。
伊佐木大介
ふーん、話したいっていう気持ちになったら話を聞いてあげたりとか、いい感じの雰囲気になるように誘導してあげたりとか。
Kさん
そうですそうです。って、これ伊佐木さんから教わったことですけど(笑)
伊佐木大介
あー、まあまあ。けど、これってめちゃくちゃ大事ですよね。これができたらどんな女性でも口説けるんですよね。これをやるのが難しいんですけど。
Kさん
いやー、難しいですよ。なので、できるようになるまでかなり時間がかかりました。
伊佐木大介
そうでしたねー。特にKさんは最初、コミュニケーションに難ありだったので・・・(笑)
Kさん
いやー・・・なんかすいません。
伊佐木大介
いやいや、僕も恋愛活動始めた頃はコミュニケーションに難ありだったので、誰でもそうだと思うんですよね。最初は似たようなマイナスのスタートで、そのマイナスに気づいてプラスに持っていけるかで人生って違ってくると思うんですよ。
Kさん
あー、いいこと言いましたね(笑)
伊佐木大介
なんかいい感じのことを言って今回のインタビューを締めようと思ったので(笑)最後に、これからかわいい彼女を作ろうと頑張る人たちに向けて、Kさんから伝えたいことってありますか?
Kさん
そうですね、僕も最初全然ダメダメだったんですけど、行動し続けたらここまで来れるようになりました。だから、一番大事なことって行動することだと思うんですよね。なので、ぜひ行動してもらえたらと思います。やり方がよくわからなかったり、何をすればいいかわからないのであれば、伊佐木さんみたいな人に聞いてみたらいいんじゃないかなと思います。そうしたら、きっと人生も変わると思います。
伊佐木大介
じゃあ、Kさん。今日はありがとうございました。

\ SNSでシェアしよう! /

出会いの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

伊佐木大介

伊佐木大介

23歳まで恋愛経験なく過ごし、当時好きだった女性に振られ恋愛活動をスタート。童貞コンプレックスをバネにナンパ、ネットの出会い、婚活パーティーなどで女性との出会いを作り女性とのコミュニケーション能力を開花させる。1年間で出会う女性の数は100人を超える。
2011年、自身のコミュニケーションスキルを理論化し、わかりやすく再現しやすい恋愛理論をベースに情報発信をスタート。「結果にコミットする」をモットーに恋愛相談を行なう。

こちらの記事もおすすめ

  • 会話が盛り上がるメッセージ!ペアーズでかわいい女性と出会えるメッセージのコツ

  • かわいい子とデートしたい!出会いの達人が教えるアプリでかわいい子と出会うコツ

  • 好みの女性と出会うペアーズのプロフィール・自己紹介文の書き方【マッチングアプリ攻略】

  • 【考察】スラムダンクで湘北が山王戦に勝てた理由は石井の名言にある

  • 彼女が欲しいと焦る方が意識するべき彼女の作り方3つのポイント

  • 3491人とマッチングしてわかったペアーズ ・出会いアプリの出会える王道と裏技攻略